不動産取得税とは

不動産取得税は不動産の引渡しや入居の際の諸費用清算ではでてこない税金であるが、すみ始めて半年から1年くらい、いわば忘れた頃に通知が届くので忘れずに頭の片隅に知識として入れておこう。不動産取得税は、物件所在地の都道府県が課税する地方税である。不動産を購入したり、新築・増改築したり、もらった時も、課せられる税金で、不動産を所有した際に一度だけかかる税金だ。ちなみに相続の場合は、この不動産取得税はかからない。税率は課税標準額の4%で、土地建物の総額に乗じて計算される。

このサイトでカシスを体のために生かす

不動産取得税の様々な軽減措置

この税金も、様々な現在軽減措置がとられているもののひとつ。平成24年3月31日までは税率自体が土地及び住宅は税率が3%になる軽減措置、また宅地の税額計算の際に計算のもととなる課税標準額を1/2する特例がとられている。また新築の住宅に関しては、上記の軽減措置に加えて建物の課税標準額から1200万円を控除する軽減や、土地に関しても課税標準額を1/2で計算しさらに45000円をマイナスするなどの軽減措置があり(別途軽減の計算方法もある)、通常のマンション例えば物件価格が3000万円程度のものであれば、3〜5万円程度におさまることが多いようだ。ただし、新築住宅として認められる為に広さや築年数の条件があるので、検討物件がこの軽減が適用される角家の確認は必要だ。特に築古の中古マンションや、一人暮らし用マンションの購入の際は、条件が外れる場合があるので要注意である。

ヒアルロン酸に関する健康情報をここで入手

健康のためにアントシアニンについて知りましょう。

 

ページの先頭へ