固定資産税・都市計画税の税率と軽減

基本的に、固定資産税の税率は1.4%で土地・建物課税標準額合計の額に乗じて税額が定められる。土地は200平米以下の場合は1/6、200平米を超える部分については1/3を乗じた課税標準額を計算に用いる。新築建物は時限の軽減措置があり平成24年3月31日までの新築された場合、マンションのようなコンクリートで建築された対価構造物で3階以上の建物の場合、5年間は固定資産税額が半額になる制度もある。都市計画税は0.3%だ。こちらも住宅の軽減特例として課税標準額を200平米以下の部分では1/3、200平米を超える場合は1/3にして計算することができる。いづれにしても、税制の特例などは改正によって変更になることも多い。住宅の検討の中で、政策の動向に関心をもったという人も多いのではないだろうか。固定資産税と都市計画税に関しては、一度きりではなく、不動産を所有している限り常についてまわる税金なので、突然通知がきてその金額に驚くということがないように、購入前から関心を持ち、税制の動向を見守る必要がある。

DHA EPAの効果や効能について

健康のためにヘスペリジンについて知りましょう。

 

ページの先頭へ