金融機関と借り入れ者の不思議な関係

住宅ローンを借り入れる際金融機関へ支払う融資の事務に関する手数料のことである。金融機関と住宅ローンの借り手の関係は、買い物にたとえるならばお店と買い物をする客、借入金が商品の仕入れ原価、上乗せされた金利がお店の利益といえる。しかしながら、住宅ローンの融資をうけるためにはお店側がお客を選ぶ「審査」の通過が必須条件であり、この「融資手数料」のように、お客側からお店に支払う初期費用も必要となるという、ある意味不思議な構図が存在する。融資手数料は住宅金融支援機構のフラット35の場合融資の窓口金融機関によって異なり、定額で30,000円台〜50,000円台であったり、融資額の2.1%などのパーセンテージで定められている。住宅ローンを借り入れする金融機関を増やしてしまうとそれだけ融資手数料もその分増えてしまうので、リスク分散などを目的として様々な住宅ローンを組み合わせて検討する場合は、返済年数と金利、として融資手数料の金額にも注意が必要である。

健康な毎日のために
ローズのサイト(URL)

 

ページの先頭へ