つなぎ融資とは

つなぎ融資、このシステムはマイホーム購入時に最も理解しずらいものかもしれない。このつなぎ融資は、新築の物件に限って必要となる制度である。その費用こそ、多額ではないのだが、日常生活の中でなかなか触れることの無いものであるので、マイホーム購入をきっけけとして理解しておくのも興味深いだろう。つなぎ融資とは、簡単にいえば無担保での融資である。抵当権設定費用の際に説明したが、住宅ローンは対象不動産に抵当権を設定し、住宅ローンをすべて返済するまで、万が一の場合は住宅ローンの提供者である金融機関が財産の処分をできる権利をもっているというシステムで借り入れが行われる。この抵当権の設定をするためには、担保の対象となる不動産が完全に完成していなければ不可能であり、さらに対象不動産が住宅ローンの借入者の名義に変更されていなければならない(他人名義の不動産でローンは借りることができない)のであるが、名義変更つまり所有権を移転するためには代金との引きかけが要件となり、代金となる住宅ローンは名義変更なしでは借り入れできないというジレンマが発生するのである。タマゴが先か、ニワトリが先か、そんな話になってしまうのだ。

健康のために必要なマルチビタミンの情報サイト

ジレンマを補うつなぎ融資

このジレンマを補う為に登場するのが「つなぎ融資」である。つなぎ融資は、まだ抵当権の設定ができない物件に、抵当権なし、つまり無担保で短期間貸し出しを行う融資で、住宅ローンを実行するまでの期間をつなぐ融資のシステムである。つなぎ融資は住宅ローンの実行が行われれば、すぐに返済されるので、必要な費用はその短期間の金利と印紙代、また短期間でも必要な住宅保険など様々な手続き費用である。新築分譲マンションの場合、中間金などの設定がほとんどなく、つなぎ融資は手続き期間のみの利用で負担も少ない場合が多いが、一戸建てなどで条件により建築中の中間金が必要な場合、思わぬ金額が必要となることもあるので、契約前の計画段階でよく確認しておくべきである。

健康のためにビタミンについて知りましょう。

 

ページの先頭へ