住宅ローン借り入れに欠かせない保証料制度

自分がマンションを購入する際3000万円の住宅ローンを組むとしよう。通常賃貸マンションなどの契約でも保証人を必要とするが、3000万円もの借り入れの保証人を頼むことができる人があなたの周辺にいるだろうか。基本、保証人は自分と同等の収入があり、同じ年数支払う能力がある、つまり同年代で、お互いに信頼しあっているという人物。おそらくほとんどの人が、思い浮かべることのできる候補者がいないはずだ。最も頼みやすい親・兄弟などが、前述の条件に合致している場合も少ないだろう。そこで住宅ローンの場合は、保証人をたてるかわりに保証会社が保証人となってくれるという制度で、その対価が保証料だ。基本的には住宅ローンを借り入れする金融機関の指定(金融機関付属の保証会社)に、限定されている場合が多いので借り入れする側で保証会社を選択することはできない。

保証料支払い、金利上乗せでも可能

保証料は諸費用として一括で支払う方法と、住宅ローン金利に2%程度を上乗せする方法でローン期間中分割して支払うという方法もある。一般的には金利上乗せのほうが、保証料の総支払い額は高くつく場合が多い。ある金融機関の保証料を例にとると、借り入れ1000万円あたり20万円前後の保証料を定めており、諸費用の中でも保証料の占める割合は大きい。また、最近では保証料を不要とする金融機関もネットバンクを中心にでてきているが、保証料の金額だけでなく金利やその他の条件などもよく比較して、借り入れ金融機関の選択を行うべきであろう。

健康な毎日のために
マルチビタミンのサイト(URL)

 

ページの先頭へ