火災保険が必要な理由

所有する住宅が万が一火事で焼失した場合、ローンだけが残り返済し続けることにならないよう、かけておくのが火災保険である。様々な条件はあるが、火事になり例えば全く生活をすることができないマンションの1室の骨組みだけが自分の手元に残ったとしても、その残骸にはローン支払いを続けることなく、所有マンションが建っていた場所の土地の区分所有権は残るので、所有者で話し合い立替て直すなどの方法で新しく住まいを計画し、イチから住宅ローンを組むことはできるようになる。地震でマンションが倒壊した場合、基本的に火災保険ではカバーできる仕組みになっていないことが大半なので、別途地震保険に加入することが必要である。一般的には、いわゆるリスクから保険料の算出がなされるため、木造の一戸建てよりもコンクリートで建設されるマンションのほうが保険料が低く設定されている。

このサイトでコンドロイチンを体のために生かす

 

ページの先頭へ