家族の為の保険、団体信用生命保険

団体信用生命保険という保険の種類をご存知だろうか。これは住宅ローンを組んだ人だけが加入できる保険で、死亡や高度障害のために住宅ローンを支払うことができなくなった場合、その時点での住宅ローンの残額を保険でカバーするというものである。これは家族の世帯主、世帯収入を主に担っている人がそのような状態に陥った場合、残された家族にとっては欠かせない制度である。残された家族は、住宅ローンを払い続けることなくマイホームに住み続けることができ、その場所に住まなくった場合でも、家賃収入を得たり、不動産を売却するなどして、一家の大黒柱を失ってしまった場合の金銭的な負担を軽減することができるシステムなのである。同等の生命保険の加入に必要な金額よりも掛け金が安く、また年齢に関係なく一律の掛け金となっているので、マイホーム購入前には従前の生命保険を見直して団体信用生命保険に加入するという人も少なくない。この団体信用生命保険の保険料も多くの場合はマイホーム購入の際に初期費用として諸費用に含まれる。

コンドロイチンの特集サイト
こちらのサイトでコンドロイチンの情報はばっちり

様々な団体信用生命保険

基本的に銀行など民間の金融機関の住宅ローンでは団体信用生命保険への加入が条件となっており、逆に言えば生命保険の加入用件である健康状態などの審査通過が難しい場合、その金融機関では住宅ローンを組むことができない場合もある。住宅金融支援機構のフラット35ではこの保険の取り扱いが民間の金融機関とは異なる。まず団体信用生命保険への加入が任意であり、保険料の支払いは年払いとなっており、保険料は住宅ローン返済総額の残高によって1,000万円あたり年間36,000円と定められている。最近では、三大疾病「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」などの長期闘病が必要な病気と診断された場合に、この団体信用生命保険が実行できる特約のついた商品なども登場しており、仕事ができなくなった場合の住宅ローン支払いの不安を解消できる場合もある。住宅ローンをスタートさせることを通じて、ライフプランに関わるお金の管理を見直してみるのもよいかもしれない。

コエンザイムQ10の効果や効能について

ヘスペリジンについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて

 

ページの先頭へ